×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

侮れないナンカンタイヤの力

峠でバトルするぞ!


ではそのナンカンタイヤがどれほどのポテンシャルを秘めているのか、某アニメのように気になるのではないでしょうか。しかし間違えても峠でバトルするような次元の話してはありません。

 

よく町で見られるラクティスなどのコンパクトカーでも利用でできる事が確認されています。主な使われ方として、人を乗せたり買い物に言ったりと普通に利用するので、高い性能が求められていないのです。

 

しかし稀にサーキットに現れるなど、かわった人もいるで油断できません。もちろん横転やクラッシュの危険があるため、履き替えることをおすすめします。終わった後はゆっくりしましょう。タイヤ内の温度が上がっているため、エアの調整が必要になるでしょう。

ローテーションが辛い


ニューマシンにスイッチしか結果、ナンカンタイヤをローテーションしなくてはなりません。角に負担が掛かっているため、頻繁にしかけなくてはならないでしょう。これは車が重いことが最大の原因で、ドライバーとしてはどうしようもありませんでした。

 

しかも車検が迫っているので、見きわめが必要です。黙っていると国産のタイヤに交換されてしまいます。忙しい時期でもあるのでスルーされる可能性もあるでしょう。自分でする際はジャッキを用意して作業します。